四季山遊会

入会案内

入会方法

参加申し込み後にメンバー登録(入会手続き)していただきます
各企画の内容を確認のうえ、ご希望の企画にお申し込みください。事務局から自動返信の「仮受付メール」をお届けします。
仮受付メールがお手元に届いたら、初参加の方は案内に従ってメンバー登録をお願いします。
2回目からのお申し込みはメンバー登録は必要ありません。
※メンバー登録を行っていただけない場合は、お申し込みも受理できませんのでご注意下さい。
企画への申し込みについては、申し込み案内をご覧ください。

会費

入会金や年会費は不要です
会費(参加費):300円(通常の日帰り登山)
入会金や月会費、年会費は集めておりません。企画ごとの参加費(一般大人:300円)により会を運営しています。 主な使途は、サイト運営費・事務局経費(備品代・資料代・下見費用)等です。企画内容によって参加費が変わる場合があります。
なお、学生(小学生から大学生・専門学校生)・幼児は会費は免除します。

保険

保険は必須!保険も装備の一つと考えましょう
個人で保険に加入していない方は会で準備している国内旅行傷害保険にご加入ください。
企画実施に合わせて事務局で手続きいたします。
四季山遊会の保険
保険種別 山岳保険:三井住友海上火災保険 (国内旅行傷害保険)
保険料 300円(1泊2日まで)・350円(3泊4日まで)・400円(6泊7日まで)
補償内容 死亡・障害 220万円、入院 3,000円(1日)、通院 1,900円(1日)
賠償責任 1億円(免責0)
救援者費用 200万円
遭難捜索費用 ---
この保険は山岳とはんもカバーしますが、遭難捜索費用は対象外です。
四季山遊会の加入保険では死亡・後遺障害、入院、通院、賠償責任、救援者費用、最小限の補償です。その点が不安な方は、別途各自で山岳保険にご加入ください。
個人的な山行の際も保険は重要です。ぜひ個人で保険加入することをお勧めします。 山岳保険・ハイキング保険は、各保険会社で取り扱っています。登山頻度やご自分の山行スタイルに合わせて選んでください。年間契約・単発契約など様々ありますので、 加入保険に迷う場合はリーダーまたは事務局にご相談ください。

★おすすめの保険をいくつかご紹介しておきます
jRO(ジロー:日本山岳救助機構)
YAMAPアウトドア保険
まごころ少額短期保険(ワンタイムやまの保険)

参加規約

お申し込みの際は、参加規約をご確認ください
1.この会は、引率型登山サークルでなく、自主型登山サークルです。 山について、事前に地図等で調べ、万一の時に自力下山できる装備【登山靴(山により運動靴で可)・雨具・防寒具・昼食・非常食・1L以上の飲料・リュック】でご参加ください。
2.山行・車の相乗りは、日常生活以上に危険が伴います。自己責任の上ご参加ください。また自己責任で参加される事の、ご家族への説明もお願いします。
3.途中で待機する、引返す等の危険回避の最終判断権は、参加者お1人お1人にあります。 またリーダーが、お1人で引返すのが危険と判断した場合、(頂上到達せずとも)全員で引返す事もあります。
4.会で準備している保険は、山行中、万一怪我や事故に遭った場合、会及びリーダーの損害賠償責任は、故意又はきわめて重大な過失の場合を除き、 加入保険金+参加費に日数(通常1日、屋久島3日)を乗じた額を加えた額を限度とします。
加入保険の内容は、*保険*の項目でご確認ください。
5.集合場所は原則、現地集合です。やむを得ず相乗りされる場合は、会が出すバスやメンバーが好意で出す車に乗車できますが、万一の時は自己責任となります。 (過去に事故はありませんが今後は予測できません)
運転手の方へ:万一事故が発生した場合、車の所有者(保険契約者)は、車の自賠責及び任意保険を使うケースも考えられます。
6.この会はボランティア(非営利)で運営されています。よってリーダーの都合により山行が中止になる事もあります。また天気予報により事前に山行の中止もあります。
7.四季山遊会では、テイクワンボランティアを実施しています。山行の際は皆さんにご協力いただきます。
8.会規定の参加費を頂きます。内訳は、サイト運営費・事務局経費(備品代・資料代・下見費用)等です。
9.生年月日等の個人情報は、事務局が厳重に管理し保険会社及び、安全のためリーダーには伝えますが、それ以外には一切伝えません。